トーキョーハーバー

コンサルティングの現場から

2019年の総括と2020年の抱負

スポンサーリンク

新年なので少し2019年の振り返りと2020年の抱負を少し書きたいと思う。

 

昨年の初めには2019年の抱負は原則とし「これまでやってきたことを重ねる」ことであり、目標としては概ね以下の通りであった。(どれも客観的に測定できるほど厳格な目標とはしていない。あまりガチガチに設定すると疲れてしまう。)

●短期的な成果を挙げる(想定していた案件を確定させる)
●長期的な成果を上げるための道筋を具体化する
●人的体制の強化
●意識的に勉強をする
●社外の人ともう少し積極的に会う
●月100kmを目指して走る
●ブログを毎日書く

 

最初の三つが仕事関連である。一つ目は達成した。これはある具体的な案件が念頭にあったがこちらは無事に依頼され、それなりにクライアント企業から満足してもらったと思っている。今は少し継続に関する議論をしているところなのでこちらは今年、何らかの形で実現したいとは思っている。

 

二つ目も感覚的には八割方達成したと思っている。当初の想定とは異なっているが2019年にあるほぼ新規のクライアント企業と関係を構築し複数のお仕事をさせて貰う機会があった。またこの企業とお付き合いすればするほど我々として支援できる領域は広そうに見え、実際に複数の議論が既に生まれているのでこのクライアント企業とは長いお付き合いになりそうだし、またそうしたいと思っている。そのため当面はこのクライアント企業を第一優先にしようと考えている。特にいくつかこれまでとは異なるテーマに関してこのクライアント企業と議論をしていきたいと思っている。

 

三番目は半分程度といったところだろう。今年は私より一つ低い職位の人と多少意識的に仕事をするようにし相互補完的な関係を築けたと思っている。そして多少はこの同僚のプロフェッショナルとしての活躍に貢献できたと思っている。また(おそらく)互いに仕事はしやすいと思っている。ただしこの人以外はあまり私自身がやりたいことには巻き込めなかった。特に第四四半期はこの同僚と一緒にかなりの仕事をしたが、その過程で一定職位以上の人材が明らかに不足していることを実感した。この辺りは強化しなければならない。

 

これまでは目標に対する実績であるが、総括として2019年は私にとって良い年であったと思う。少なくとも上記の三つの目標は概ね達成し(特に二番目を達成できたことは良かった)それ以外にも色々と自分の中でポジティブな出来事もあった。特にこれまでとは全く異なる提案の方法を身につけたのは良かった。(この提案書での受注率は今のところ100%である。)

 

一方で失敗・反省もある。自分の中では明確に3回の失敗を2019年にはした。どちらも最終的には大事には至らなかったが、やはりリカバリーの過程は決して楽ではなく、大いに反省するところはある。このうちの2回に関しては明確な要因もあるので、流石に同じ失敗は3回はやらないようにはしたい。もう一つの失敗も今振り返ると色々と雑な対応をしていたと反省している。

 

意識的に勉強をする、ということに関してはあまり達成できなかった。これは要因はやはりもう少しテーマや具体的な行動に落とし込めていなかったのが敗因だろう。ここに関しては2020年こそ、年初に時間を作り考えたいと思う。

 

人を会うことに関しては50点といったところだろうか。多少は意識的に自分なりのテーマを決めて人に会い、いくつかの点で面白い議論はできたと思っている。これも引き続き行っていきたい。

 

ランニングに関しては結局、昨年同様、月80km程度である。やはり時期によってアップダウンがあった。今年こそ100kmは目指したい。

 

ブログに関しては11月半ばまで、つまりブログを始めて丸一年間は毎日書いたがその後はネタ切れなどもあってしばらく書いていなかった。稚拙な内容もあったが中には自分の思考を深めるきっかけになるエントリもあり思考の整理にはなっていたのでこれは続ける意味はあったと思っている。一方でやはり負担も一時期は多かったのも事実である。そのため2020年はもう少し頻度を落とし、不定期に書いていきたいと思っている。

 

この他に2019年には二つほど面白い趣味の活動を始めた。これは完全な趣味ではあるが、ビジネスにも近い領域であり単純に非常に面白い活動であり日常に刺激が生まれた。これはかなり息の長い趣味になりそうなのでどちらも楽しみながら続けたいと思っている。

 

上記からも分かる通り2020年も2019年同様に原則として同じ方向で活動をしていきたいと思っている。ここに書いたことが達成できていれば上出来だと考えている。