トーキョーハーバー

コンサルティングの現場から

パートナー目線

スポンサーリンク

以前にも少し昇進シリーズの中で述べたことであるが、マネージャーからプリンシパルに昇進するにあたって重要なのはプロジェクトデリバリー以外の活動にも積極的に関わることである。アナリストとアソシエイトは原則としてプロジェクトに100%アサインされ、またマネージャーも同様に、また50% x 2でアサインされるためプロジェクトのデリバリーさえしていれば問題ないと考えがちである。

 

しかしコンサルティングファームでは基本的には職位が実質に追いつく形となっているため昇進の手前では次の職位で担当するべきことを行なっている必要があり、マネージャーの場合はデリバリー以外の活動を行なっている必要がある。

 

このデリバリー以外の活動は知見の構築なども挙げられるが、やはり本丸はアカウントとピッチ、つまりクライアント企業との関係構築と提案活動である。これらはパートナーが主体となって行う活動であるためマネージャーであってもパートナーの目線を持つことが求められるのである。(もちろんアナリストのうちからもパートナー目線は持つべきだが、それは理想論であり現実的ではない。)またデリバリーと異なり何かアサインメントが存在するわけではなく、各個人の自由意思で他のパートナーやプリンシパルと組んで行うものであり誰かに言われて行うものではない。

 

一方でマネージャーはデリバリーの現場を回すために忙しいのである。しかし忙しいからと言ってデリバリーだけをやっているといつまで経っても次の職位で行うべき活動を担うことはなく結果的に昇進しないのである。

 

マネージャーからなかなか昇進しない人たちを見ているとどうにもこの辺りを履き違えて、デリバリーを回すことだけを考えているように見える。あるいは提案書などの機会があってもそれを断ったり、最悪の場合は引き受けた上でやっつけ仕事をして周囲の信頼を失っていることが多い。(あくまでも自由意志で行う仕事であるため忙しいなら中途半端に引き受けず、断るべきである。断ること自体は悪いことではない。)そして徐々にパートナやプリンシパルから提案や関係構築のための活動にも声を掛けられなくなるのである。

 

マネージャーからはデリバリーを回すだけでなくプロジェクトを超えたクライアント企業の課題を考え、その支援を提案していくパートナーの目線を持つべきなのである。