トーキョーハーバー

コンサルティングの現場から

趣味の活動

スポンサーリンク

コンサルティングファームの仕事は以前からも述べている通り、アカウント・ピッチ・デリバリーにまつわる仕事に分けられる。ただこれだけをやっているとどうしても遊びのようなものがなくなり精神的にダレてしまうため、意識的に仕事ではあるものの趣味的な活動をすることが大事だと思っている。

 

私自身はいくつか興味関心のあるテーマに関して、たまに社内活動につなげたり、あるいは社外の人と意見交換のような形で議論したりするようにしている。この活動だけでは正直なところ評価には直接的にはあまり結びつかない気もするが、このような活動はやはり刺激になり単純に楽しいのである。また加えて結局のところ自分の関心のあるテーマで様々な人たちと議論をすると思考が深まり、それは回り回って本業にもプラスの影響を与えることになると思っている。ある程度の職位になるとなんらかのテーマに関しては知見を持っておりそれをうまくコンサルティングの活動につなげることが求められるため、日ごろから趣味的に考え・人と議論することで知見が深まり、より質の高いアドバイザリーができるのである。私自身も過去に行った趣味の活動で得た知見をクライアントとの議論の中で活用することで仕事につながったことは何度もある。

 

この仕事は一般的には比較的忙しくい仕事とされている。しかし忙しいからこそ意識的に趣味の活動をするべきであると思っている。