トーキョーハーバー

コンサルティングの現場から

ファームでの学び

スポンサーリンク

以前にあるフリーランスマーケティング支援を行なっている人が「独立すると確実にできる仕事しか依頼されなくなるためにどうしても学びがなくなり、できることをひたすらこなすだけになる」といった旨を述べていた。これはマーケティング支援に限らず個人コンサルティングでも同様ではないかと考えられる。

 

コンサルティングファームに所属していると当たり前ではあるが学びがある。これは何もアソシエイトやマネージャーだけでなくパートナーやシニアパートナーであっても同様である。理由は(ファームのオペレーティングモデルにもよるところはあるが)ファームが個人コンサルタントの集合体ではなくファームとしての価値(シナジー)を生み出すためには、チームで動く必要があるためである。毎回クライアント企業が抱える経営課題の解決のためには、当該業界や機能の知見を有する最適のメンバー(特にパートナークラス)をチームとして組成し、個人ではなくファームが有する知見を提供することでシナジーは生まれるのである。そのためパートナークラスであっても解くべき経営課題の設定やその解決の過程において自身の専門外の領域を他のパートナーから学ぶ機会があり、結果として芸が増えるのである。特に大手のファームのパートナー以上になるとファーム全体がどのように動いているのか、最新の知見はどのようなところにあるのか、などが見える立場にあるため学びは大きい。

 

一方で独立をするとクライアント企業と一緒に成長する、という側面はあるにせよどうしても自分が得意なテーマに注力することになるためになかなか芸の幅が広がらない。そして得意のテーマがなんらかの事情で需要が減少した場合(たとえばシステムで代替されるようになった場合)、苦しむことになる。経営コンサルティングも案外流行り廃りがあり企業内で予算が付きやすいテーマとそうでないテーマはあるところも注意が必要である。

 

マネージャーくらいになるとデリバリーの中核的役割を果たすためときとしてプリンシパルやパートナーの存在に価値を見出せなくなり、クライアント企業からも直接相談などもされるようになることもある。そして「ファームに所属していなくてもこのクライアントからは仕事を受けられる」と考えて独立を検討する人もいる。しかし短期的にはそれで良かったとしても中長期的な視点も持たないと苦しくなる場合があるように思えるのである。独立にも戦略が必要といえるのだろう。

 

後記:ここ何回か個人コンサルティングに関するエントリを書いている。このテーマは個人的には興味は持っているものの今のところ私自身は特に独立は考えていない点は念のため述べておく。