トーキョーハーバー

コンサルティングの現場から

だらだらした会議

スポンサーリンク

あるユニークな企業文化の企業があった。当社はそれなりの規模の売上高であり利益率も業界平均よりは高い企業で優良企業といっていい。このように高い実績を上げている同社であるが会議のやり方は非常に非効率的であった。議題も明確でなく、参加者も多く会議時間も長い上にそこからもさらに延長されることも珍しくなかった。

 

これだけ見ると典型的なダメな会議であったがよくよく見るとどうやらこれは単なる何らかの意思決定の場ではなく、ある種の擦り合わせプロセスとして機能しており、多くの参加者も言語化していないにせよ直感的にだらだらだしていることにも意味があることを理解しているようにも見えた。お互いに言いたいことを言ってじっくりと話し合い物事をお互い感情的・論理的に納得させることで長く一見非効率に映る会議が終わるとTo Doなどが明確に決まっていなくても参加者が自律的に議論した内容に従って動いているのであった。

 

会議だけを見ると非効率的に映るかもしれないが、企業それぞれのやり方は各社異なり必ずしも一見合理的な進め方が会社には合わないこともあるのである。一見合理的に見えないこともすぐに合理的でないと切り捨てずにより多面的に物事を理解することは意識するべきであると思っている。