トーキョーハーバー

コンサルティングの現場から

ポジショントーク

スポンサーリンク

今の仕事ではデリバリーのチームメンバーを選定することは重要な仕事の一つである。チームメンバーの選定は本質的には社内の需給バランスで決まる。つまりオフィス全体の稼働が高い時は「売り手」市場となりアソシエイト・マネージャーの規模が通りやすく、逆に低い時は「買い手」市場となる。ただ優秀な人であれば需給バランスに関わらず常に声が掛かっている状態であり、いずれにせよチームに誘うためには「買い手」側がアピールをする必要が出てくる。

 

自分がチームメンバーを誘うときは私が意識していることは純粋に相手の便益だけを考えての発言とポジショントークとを明確に切り分けることである。これは一見当たり前のようで、性質上ポジショントークに自然となってしまうような会話に関してはかなり意識する必要があると思っている。

 

上記の例でいえば(特に誘う相手の性格や希望を知っている場合は)まずは純粋に相手の希望に誘っているプロジェクトが合致しているか否かを中立的に話すようにしている。そうなると当然、プロジェクトに誘う上ではネガティブな要素も出てくるがそれはそれで隠さずに話すようにしている。言い換えるとこれらは主語はあくまでも相手になっているのである。

 

一方でポジショントークポジショントークでするようにしている。つまり私に取ってはなぜ相手に入ってもらいたいのか、より希望の働き方に合うためにはどのようなことができるかなどは話すのである。これらは主語は私になっているとも言える。またこれはあらかじめ相手に対しても「これはポジショントークである」ということは言うようにしている。

 

このように「ひとりの同僚としてのアドバイス」「プロジェクト責任者としてのポジショントーク」を意識的に切り分け、相手にもそれを明示的に説明することはコミュニケーション上大事であると思っている。このような誠実なコミュニケーションは相手との信頼関係は醸成できるし、また結局のところは「自分のポジション」が良くなるとも思っている。

 

ポジショントークとそれ以外は明確に切り分けるしそれは明言するべきであると思っている。