トーキョーハーバー

コンサルティングの現場から

ブログのネタ

スポンサーリンク

やや生煮えのエントリ。

 

このブログを読んでくれている人からたまに「どうやってブログのネタを考えているのか?」といった質問を受けるときある。関連してブログを書くためにどのようなインプットをしているのか、と訊かれるときもちょくちょくある。

 

ただ考えてみるとあまりインプットは意識していないし、そこまでは重要でないと思っている。むしろ日々の仕事を中心とした思考活動を通じて何らかの物事に対する見方や意見を構築することを意識することだと考えている。とにかく自分なりの意見を持つことを目指して考え続ける習慣を身につけることがネタを考える上で大事だろう。

 

もちろん最低限の知識は身につけることは大事である。自分の場合は大学3年生のころから日経ビジネスはほぼ毎号読んでいる。人によってはビジネス書は絶対に読まないという人もおり、それはそれで共感できるところもあるが、良質なビジネス書はやはり思考を深めたり知識を身につける上では悪いことではないと思うし、自分自身もある程度は読んでいる。あとはネットなり仕事なり本なりで読んだ面白い企業については少し調べることはしている。あまり有名でいないが面白い取り組みをしている企業の事例は知っていると色々な場面で役に立つことがある。

 

ただこれらは(一部の良質なビジネス書を除き)あくまでも知識であり、それだけではあまり役に立たない。重要なのはあくまでも自分の意見を構築することであり、得られた知識は思考の起点、あるいは補助線として用いるべきなのだろう。

 

結局は大事なのはあれこれ考え続けることだと思っている。