トーキョーハーバー

コンサルティングの現場から

企業の成長要因

スポンサーリンク

以前にも少し述べたが外部からさまざまな企業を見ていると伸びている会社の大半は何らかのトレンドを上手く捉えているように思える。それはEC化のようなテクノロジーの進化によって実現した消費行動の変化であったり、新しい技術の普及であったり、人口動態の変化であったり、業態の変化であったりとさまざまであるがいずれにせよ外部要因によるものが大きいように見える。

 

ただし外部要因だから当該業界にいる企業は誰でも伸びている、と言いたい。伸びている会社はもちろん企業努力をしているが、それはこの外部要因のトレンドをうまく捉えるための努力であることが多い印象である。これは言い換えると競合からシェアを奪っているわけではない、とも言える。(ただしトレンドを上手く捉えた結果シェアが伸びている、ということはあるが、これは競合からビジネスを奪っている訳ではない。)

 

そのため何らかの形で伸びている企業を分析する際にこの伸びている理由を簡潔に説明できると自分としてはこの企業を本当の意味で理解できたと腹落ちできるのである。伸びている企業を見るときは根底にある大きなトレンドが何かを見つけにいくといいだろう。