トーキョーハーバー

コンサルティングの現場から

自分の実力を超えた問題を解決する

スポンサーリンク

以前に「ラストマンシップ」の話をした。ラストマンシップとはチームとしてコミットしている成果の品質を担保する最後の砦は(立場の如何に関わらず)自分であると考えて、どんな手段を使ってでも必ず目的を達成する、という姿勢のことである。

 

そして過去のエントリでも述べた通り、これは必ずしも自分で全てを解決する必要はない。自分はあくまでも成果を出すことにコミットしているのでありその手段は問わないのである。つまり自分ではなく他人にやってもらっても、それが成果を出す上でベストであればそのように手配すればいいのである。その場合の自分の仕事は他の人に仕事をやってもらうことであり、手を動かすことではない。そしてそれは職位とは無関係である。成果にコミットしているチームであれば、例え職位が高い人に仕事をお願いしてもそれが成果を最大化する上で合理的であれば相手も喜んでやるはずである。

 

特にジュニアな人は真面目でコミットメントが高い人ほど、どうしても「ジュニアな自分が手を動かして成果物の叩きを作らなければならない」と考えがちである。一方でジュニアであるが故にどんなに優秀であってもできることに限界がある。それはやる気の問題ではなく(多くの場合経験に裏打ちされた)実力の問題であり、それは恥ずべきことではない。むしろ自分で抱えすぎることは成果の低下につながる。それよりは(例えそれが自分の本来の仕事ではなかったとしても)成果につながるプロセスを考えることが大事である。本来これはマネージャーやパートナーの仕事であるが、ラストマンシップを持っているのであれば役割分担などは考えずに目的合理的に動くべきである。

 

ラストマンシップは必ずしも自分で全て解決することではない。自分の実力を超えた問題の解決にラストマンシップを発揮するのであれば、コンテンツではなくプロセスの問題解決に乗り出すべきなのである。