トーキョーハーバー

コンサルティングの現場から

人周り

スポンサーリンク

コンサルタントは頭でっかちであり理屈先行になるといった批判をたまに耳にする。こういった批判の大半は実際にはあまりファクトに基づかない悪口といったことの方が多い印象ではある。実際には理屈だけでなくその理屈を実行するところにも考慮した支援をしないと価値がでないことが多く(そして価値がでなければ長期的には仕事がなくなる)、したがってコンサルタントもそれに十分に留意しながらコンサルティングをするべきであるし実際にそれをしている。一方で理屈先行というのは一般的には否定的には捉えられるが一方でその理屈に徹底的にこだわるからこそ生まれる価値があるのもまた事実であると思っている。(これはそのうち別のエントリでも述べたいと思う。)それは経営コンサルティングの現場にいる一人の人間としての素朴な感想である。

 

ただ何はともあれ経営コンサルタントは経営をするのではなく、あくまでも第三者としてコンサルティングサービスを提供していることには変わりなく、そのため会社を実際に経営した際に出てくる重要ないくつかの視点が(本来はあるべきではないが)抜け落ちることもあると思っている。その中の一つに人周りの視点があると思っている。

 

スタートアップを経営している人たちにマインドシェアを訊くと営業、プロダクトローンチ、資金調達といったテーマよりも上位に「人周り(採用だけでなく今いる人たちにどうやってうまく働いてもらうのかといったことも含む)」を挙げる人が大半である。またスタートアップではなく大企業であっても特に社長であればやはり人周りのことを多く時間を使っていると答える人をよく見かける。またプライベートエクイティファンドの買収後のバリューアップ責任者も経営陣および幹部の人事にかなり多くの時間を掛けている。

 

一方でコンサルティングを行う際はもちろんクライアント企業の誰が実行するかといった点は具体的な顔を思い浮かべながら戦略やオペレーションの支援をするが、やはり企業活動との一環として発生する人事およびより広範に人周りのテーマに触れることは少ない。(そもそも個人の人事に関するアドバイサリーはできないし、やるべきでないし、やらない。)結果として人周りに関する感度は低くなりがちである。

 

コンサルティングに携わる者は上記を常に肝に銘じるべきだし、コンサルティングファームから出て会社の経営やオペレーションを担うようになったら、それを特に意識するべきだと思っている。