トーキョーハーバー

コンサルティングの現場から

雨の日を少しだけ楽しむために

スポンサーリンク

雨の日は外出したくない。気圧も下がるし、できることなら布団に包まっていたい。しかし外出しなければならないとき、気に入った傘があるとほんの少しだけ気分が良くなる。私は大学生の頃に多少奮発して前原光榮商店の傘を購入して以来、愛用している。正確には一度だけ盗まれて書い直しているが今の傘はもう6年くらい使っている。

 

前原光榮商店は浅草にある洋傘で皇室御用達ということで有名である。私自身、何年も使っているが丈夫で壊れないし(また壊れても直せる)、撥水性も高く、またサイズも大きめで非常に気に入っている。また何よりも見た目に色気がある。持ち手も経年変化してもなかなかの味が出る。さらに値段も1本2万円程度であり、10年以上(無くさなければ)使えることを考慮すると全く高くないと思っている。やはりビニール傘や折り畳み傘はエレガントではないと個人的には思っている。また気に入った傘を持つと無意識の中でも大切に扱うため、案外無くさないものである。私自身もちょくちょくものを無くすし、この傘もなくしかかったことはあるが、結局は気付いて回収している。

 

ここ数日、雨が続いているが、気分を少しだけ良くするためにも購入を検討してみてはいかがだろうか?なお女性用の傘も充実している。実物を見たい方はデパートに行くか、浅草の直営店を訪れるのもいいだろう。小さい店ではあるが、非常に魅力的な傘が並んでおり見ていてもなかなか楽しい。