トーキョーハーバー

コンサルティングの現場から

藤森氏がジャックウェルチから学んだこと

スポンサーリンク

GEで日本人で初めてシニアバイスプレジデントを務めた藤森義明はGEに居た頃、経営者として世界的に有名なジャック・ウェルチ氏からリーダーの仕事は「変化を起こすこと、次のリーダーを見つけることである」と学んだとさまざまな場所で述べている。以前にも書いた通り変化を起こすのは非常に難しい。企業は原則として昨日やっていたことを今日もやり明日もやるという前提の組織である。一方で事業環境は常に変わり続けるため組織もまたそれに合わせて変化する必要がある。環境は変化するが企業は変化しない(しにくい)組織構造になっている、これが企業を組織の観点から見たときの難しさだと私は考えている。

 

組織の中で変化を起こすのはある圧倒的な熱量を持った個人が必要である。中にはある部署で突然変異的にこのような熱量を持った個人が出現することもあるがそれに頼ることは組織として健全でない。すると確かに変化を起こすことに責任を持ち、またその権限があるのは企業の経営者だと言えるのだろう。そのように考えると経営者の実績を評価するときは、もちろんどれだけ企業価値を増やしたのか売上や利益を増やしたのかといった結果指標も見るべきだが、どれだけ変化を起こしたのかという点で見てみると面白いかもしれない。

 

経営者は変化を起こすことが仕事と言えるのだろう。