トーキョーハーバー

コンサルティングの現場から

会社を作る

スポンサーリンク

以前に会社を作ったことがあり、今でもその会社は所有している。もちろん従業員などは一切おらず、目的は法人格が欲しかったためであり、実際の使い方としては個人で行なっていたコンサルティングなどの仕事の受け皿として使うことが専らであった。(今は副業規定があるので、特に活動はしていない。)この会社ではほぼコンサルティングしか行なっていなかったため、企業活動はとても単純ではあったが、それでも会社を実際に持ってみるとこれまでは理屈としてしか企業のお金周りの実務が少しだけ見えたという副産物があった。

 

少なくとも自分自身は会社を持ったことで、売掛金がどのようにして発生するのか、キャッシュフローがなぜ重要なのか、赤字でもなぜ会社は困らないのか、なぜ会社と個人のお金がすぐに混ざってしまうのか、なぜ管理会計が必要なのか、どのようにして決算の実務が行われるか、などが以前よりは大分、実感が湧くようになった。一つ一つはありきたりなことであり、人の話を聞いたり本を読んだりすれば理解できることではあるが、やはり実際にやってみるとはるかに生々しく想像できるようになった。特に自分は管理部門が充実しておりプロフェッショナルワークに集中できるというかなり恵まれた環境でしか仕事をしたことがない人間にとっては実務をほんの僅かだが想像できるようになったのは良かったと思っている。

 

会社の設立そのものは非常に楽であった。税理士事務所への費用・印鑑代込みで僅か十数万円でできた(筆者は株式会社ではなく合同会社とした)。また年間の維持費は利益にかかわらず最低限発生する法人税が7万円程度に過ぎず、そこに税理士に決算をお願いしたとしても年間10万円ちょっとでできる。会社を作るだけのためのこれらの費用を掛けるのはもちろん無駄ではあるが、もしも個人で仕事をする見込みがあるのであれば、より費用の掛からない個人事業主の登録という手段もあるが、経験のためにも法人を設立してみるのは悪くないもしれない。