トーキョーハーバー

コンサルティングの現場から

幽体離脱とエゴイズム

スポンサーリンク

私は人の発言には全て意図があると信じている。何気ない一言、ちょっとした独り言、インターネットでのツイート、など形に関わらず何らかの意図は必ず存在していると考えている。もちろん発言する本人の中でもその意図は明示的に言語化され意識されているとは限らない。むしろ意識していないことの方が多いかもしれない。

 

もしこのように文字通り全ての発言に必ず明示的・非明示的な意図があるとするといくつかの示唆があると思っている。まず他人の発言の場合は、とにかく耳を傾けてその発言の背景にある意図の理解に努めることが大事である。それをするにあたって多くの場合、発言の言葉や理屈そのものよりもその背景にある感情を汲み取ることに注意した方がはるかに意図の理解が捗ることが多いだろう。

 

そして他人の発言と同じように自身の発言の理解も大事である。いわば3m上空に幽体離脱して客観的に自分自身の発言を観察し、他人同様にその意図の解釈に努めるべきである。この背景には人は思っているよりも自分の意図は理解していない場合が多いという前提がある。またさらに厄介なのは自身の意識していない自己顕示欲から派生するエゴイズムである。私を含め多くの人は(どんなに内向的な性格であっても)多かれ少なかれ自身を他人に認知され、承認され、礼賛されたいという欲求があると考えられる。そのため自身の発言の中にも無意識のうちにその欲求から派生した発言がある。これは他人からみれば明確でも自分自身のことは「幽体離脱」して観察しない限り案外気付かないものである。いうまでもなく自己顕示欲から派生するエゴイズムを受け取る方にとっては心地よいものではない。そのためそのような意図のある発言は可能な限り自律して控えるべきである。その第一歩として、まずは自分の発言の意図を真に理解することが必要なのである。

 

全ての発言には必ず意図がある。他人の発言に対しても、自分の発言に対してもその意図を汲み取る習慣を身に付けると良いだろう。