トーキョーハーバー

コンサルティングの現場から

データはいったん真とする

スポンサーリンク

今の仕事では、市場規模などのデータを解釈し、そこから個別企業に対する意味合いを考えることは良くある。そんな時の一つのコツとして、データはいったん真である、という前提に基づいて意味合いを考えることが挙げられる。これは案外慣れが必要である。特に理学・工学を学び、アカデミックな分野でそれなりに研究をしたことのある人ほど最初はこれに戸惑いを見せる。拒絶反応といっていいレベルの反応をする人もいる。もちろんビジネスの世界でも誤差は常に意識するべきであるが、データの解釈に知恵を投入するべき時間に、誤差の議論を持ち出し始めると、途端に議論が発散し解釈ができなくなる。誤差が大きく使い物にならないのであればそれは別途、議論するべきだが、いったん意味合い出しをする段階においては誤差はないものとし、データは真として意味合い出しを行うべきである。そうしないと議論が濁る。