トーキョーハーバー

コンサルティングの現場から

5分以上考えない

スポンサーリンク

少し前に、頭を使う時間と手を動かす時間は明確切り分けるべき、という旨のエントリを書いた。いうまでもなく、頭脳労働者は前者をすることが最も重要である。この時間を効率的にするために意識するべきことの一つに人間は5分以上一つの論点を考えることはできない、ということが挙げられる。もしも手を止めて一人でじっと5分以上黙っていたとしたら、その場合はその人は間違いなくボーっとしているはずである。もちろん、本人は「考えている」と主張するだろうが一つの論点に対して5分以上考えて答えが出せない場合は論点を分解するべきであり、それをしていないならば単に考えが堂々巡りをしていることが大半である。私はよりジュニアなチームメンバーと働くときももしもその人が5分以上手を動かさずに停止していたら声をかけるようにしている。複数人で議論する場合はもう少し長いが、それでも一つの論点に対しては10分以上は議論すると、思考が飽和点を迎え、あとは堂々巡りになる。思考ないし議論が飽和点を迎えたら、必ず論点を仕切り直すべきなのである。

 

一つの論点に対しては5分以上時間を掛けない。これは論点思考の基本である。